ダイエット

菌を食べてダイエット!?善玉菌を増やす「菌活」のポイントと驚きの効果

キノコ

就活、婚活、妊活、朝活…等、○○活という言葉を耳にする機会が増えましたが、”菌活”という言葉を皆さんはご存知でしたか?筆者は恥ずかしながら知りませんでした。

 

今、美容と健康面において、”菌活”なるものが注目されているんです!そもそも菌活とは何なのか、そしてその方法と効果もご説明していきます。

 

ダイエット中のあなたも要チェックの”菌活”、早速詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

「菌活」とは

菌活とは、体にとって良い働きをする”菌”を積極的に食生活に取り入れること、また、腸の中にある善玉菌(良い菌)を増やして腸内環境を整えることを言います。腸内環境が整うと代謝や免疫力がUPし、美容や健康に効果があると言われているんです。

 

では、どのような食材に菌があるのかというと、主に以下のようなものになります。

 

  • きのこ類…低カロリーでダイエットにも適した食材。食物繊維も豊富で、便秘や肌荒れ予防に効果的。
    (主な食材…しめじ、えのき、シイタケ、エリンギ、マイタケ、ブナピー等)

 

  • 乳酸菌…便秘予防、たんぱく質や脂肪の分解、花粉症予防などに効果的。腸内の善玉菌を増やし、細菌や病原菌から守る働きもあり。
    (主な食材…ヨーグルト、チーズ、キムチ、漬物等)

 

  • 納豆菌…”ナットウキナーゼ”という成分が含まれており、血栓を溶かす作用があり動脈硬化予防に効果的。ビタミンKも豊富に含み、骨粗鬆症予防にも期待できる。
    (主な食材…納豆)

 

  • 麹菌…整腸作用で便秘予防に効果的。消化の補助と、うまみ成分UP効果もあり。
    (主な食材…味噌、醤油、甘酒、塩麹)

 

  • 酵母菌…糖質・脂質の分解、高血糖予防に効果的。腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えて便秘解消効果もあり。
    (主な食材…ワイン、日本酒、味噌、醤油、パン)

 

  • 酢酸菌…疲労回復や、高血圧・高血糖・高コレステロール予防に効果的。
    (主な食材…酢、ナタデココ)

 

なるほど!食生活を抜きにして、美容や健康は成り立ちませんもんね。身近な食材が多いので、意識するだけで簡単に始められそうですね。では、菌活で得られる効果について、もう少し踏み込んで見ていきましょう。

 

菌活で得られる代表的な4つの効果

1.便秘解消(便秘予防)

便秘

多くの人が悩んでいる便秘。その原因の一つと言われる悪玉菌は、腸内をアルカリ性に変えます。

 

アルカリ性の大腸はぜん動運動が弱まり、便を肛門まで運ぶ力が弱まるのだとか。

 

これを改善するには、善玉菌を増やし腸内を酸性に保つことが有効的。また、食物繊維が豊富な食材を取ることも良いとされています。

 

2.美肌効果

美肌

発酵食品には抗酸化作用というものがあり、お肌の老化を抑える働きがあります。

 

また善玉菌を増やし腸内環境を整えると、便秘改善などデトックス効果もありますので、吹き出物等の改善にも期待できます。

 

3.免疫力UP

全身の免疫細胞のうち、6~7割が腸に集中しているとも言われています。

 

善玉菌を増やし腸内環境を整えることで、ウイルスや細菌への抵抗力が高まります。

 

4.ダイエット効果

上記のように、善玉菌や豊富な食物繊維を摂ることは、ダイエットにもつながります。腸内が綺麗に保たれると、代謝が高まり、痩せやすい体になるからなんです。

 

特に低カロリー食材のきのこ類は、ダイエットに最適。きのこに含まれるキノコキトサンには、脂肪の吸収を抑え、排出を促す働きもあるんです。

 

その他、花粉症予防、コレステロール低下、大腸がん予防、口臭予防、アトピー性皮膚炎の改善、などなど…菌活で腸内環境を健康に保つことで得られる効果はたくさんあるんですよ!

 

ダイエットの基本は、健康的な食事と適度な運動です。菌活によって健康になることは、痩せやすい体づくりにもつながるんです。自分の体のために、今すぐ意識して始めたくなりますね。では最後に、菌活をする上でのポイントを押さえておきましょう。

 

菌活のポイント

菌活をする上で最も大切なことは、毎日継続することです。なぜなら、食事で摂取した菌は、便となり体外に排出されてしまいますからね。

 

特に乳酸菌は、腸に届いても体内に長くとどまることが出来ないので、継続して摂取することが理想的です。

 

また、一つの食材だけを集中して摂るのではなく、複数の食材を組み合わせて摂取しましょう。相乗効果が期待できますし、何より食事は毎日のことですから、単調だと飽きてしまいます。

 

また、菌の種類によって効果が大きい・小さい(体に合う・合わない)を感じたという口コミもあったりしますから、いろいろな食材を取り入れるのが良いと思われます。

 

いかがでしたか?

 

そういえば筆者の知り合いにきのこを好んで食べている友人がおり、その友人は長年風邪や大きな病気知らずで、スリムだな…と思い出しました。

 

身近な食材で始められますし、筆者も早速取り掛かろうと思いました!健康的にダイエットしたいという皆さん、是非「菌活」始めてみませんか。

 

スポンサーリンク



関連記事

  1. ジム 簡単!芸能人、モデル達が成功した健康的に痩せるダイエット法7選
  2. 女性のお腹 酵素ダイエットはボコボコしたセルライトを無くす効果もある?
  3. DHCダイエットパワー DHCダイエットパワーに痩せる効果はある?下痢などの副作用も
  4. 体温計 低体温・冷え性はダイエットの大敵!体温を上げるための改善法5選
  5. 女性 ベルタHMB&BCAAで美しく筋トレができる理由と効果…
  6. 親子 酵素ドリンクは授乳中でも安心して飲める?赤ちゃんに影響はない?
  7. 呼吸 超簡単!筋トレの呼吸法を完全マスターして美しく鍛える方法
  8. フィットネス コアスリマーHMBが筋トレ初心者におすすめの理由と嬉しい効果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポーツ

  1. サニブラウン・ハキーム
  2. 吉良知夏 かわいい
  3. 澤穂希
  4. 寺本明日香
  5. 遠藤保仁 マイペース 性格

ダイエット

  1. 美菜酵素
  2. ひらめき
  3. メタボな人
  4. 汗をかく
  5. シニア

最近の投稿

  1. ヨガのポーズする女性
  2. 自宅トレーニング
  3. 筋トレする女性
  4. ランニング
  5. クロック

アーカイブ

PAGE TOP