スポーツ

【卓球】石川佳純のぴょんぴょんジャンプがかわいいよ!する理由を考えてみた

石川佳純 ぴょんぴょんジャンプ

石川佳純選手は点を取るたびにぴょんぴょん跳ねてジャンプします。これを見た人がかわいい~とネット上でも人気な様子。意味があるのか考えてみたよ。

 

スポンサーリンク

 

点を取ったら多くの卓球選手は声を出していますよね。福原愛選手は「サー!」って言うし、ほかの選手を見ても何かしらアクションを起こしてます。

 

石川佳純選手の場合はジャンプですね。

 

 

こちらまでうれしそうな気持が伝わってきますよ~!!それにしても、こういうのって理由があるのでしょうか?

 

ジャンプするのはアドレナリンを出すためだった!

実は大きな声を出すと気合が入ってアドレナリンが分泌されるのです。

 

たとえばハンマー投げで投げる瞬間、バレーボールで皆が肩を組んで「ファイトー!!」と叫ぶ場面、瓦割りも「ハッ!」と言って割るなど声を必ず出していますよね。

 

これはシャウティング効果といってアドレナリンが身体能力を一時的にあげてくれるのです。

 

これはスポーツ選手なら多くの人がやっています。

 

普段の練習では絶対無理な記録を本番で塗り替えたり、普段の練習では強いのに声を出さなかったために勝てる相手に負けてしまったという話を聞くことがしばしば。

 

テレビで走るのが速くなる番組を見たことはあるでしょうか?

 

子供は運動会のかけっこでどうしても一番をとりたいもの。そんな時はゴール直前で大きな声を出せば力が出て速く走れてしまうのです。

 

やはりシャウティング効果は勝敗に大きく影響するくらい重要なのです!

 

卓球も同じで、練習では出来なかったキレのあるサーブやスマッシュが打てたり速いボールを捉えられるでしょう。対戦型スポーツであればさらに相手にプレッシャーをかけられます。

 

こうして場の雰囲気をコントロールしてしまえばこちらのもの!

 

また、声だしじゃなくても石川佳純選手のようにジャンプしてもいいでしょう。自分に気合を入れることができて、相手にプレッシャーを与えられればよろしいかと思います。

 

でも、声を出すのが必ずしも良いとは言えないのです。

 

冷静さを失ってしまう!?

野球の話になりますが、あのイチロー選手は1本ヒットしたところでまったく表情を変えないといいます。なぜなら冷静に判断できなくなるから。

 

確かに気分が高ぶっていると細かいことに気づきにくくなると思います。

 

しかも卓球は台を挟んだ人と人の距離が近いため相手の仕草や心理を読み取りやすいスポーツです。もし重要な動きを見逃してしまったら窮鼠猫を噛むはめになるでしょう。

 

もし3セット先取した方が勝利するとして2-0と有利な流れにいても、相手は勝たせまいと戦術を変えて来るでしょうし気を抜かない方がいいですよね。

 

つまりアドレナリンが出ていても冷静さは保つべきなのです。

 

プロなら当たり前のことでしょうが、試合を見てて逆転勝利って良くあるので最後まで結果が分からないんですよね。

 

とはいえ野球と卓球は全然違うスポーツなので、一概には言えませんが(;・∀・)

 

それにしても石川佳純選手のぴょんぴょんジャンプは中国などの海外にも人気があるようで喜ばしいですねぇ~。

 

中国人のファンの方々は自国の選手か石川佳純選手のどっちを応援するんだろう(笑)

 

スポンサーリンク



関連記事

  1. 入江陵介 イケメンすぎる入江陵介は頭も良くてピアノも上手だった!結婚願望を…
  2. 武藤嘉紀 武藤嘉紀の髪型が爽やかでかっこいい!美容院の店はどこ?
  3. 高瀬愛実 高瀬愛実のメガネ姿と髪型が超イケメン!彼女(氏)とデート目撃も
  4. 石川佳純 【画像】世界卓球でエース石川佳純選手の私服がかわいい!?
  5. 野々村笙吾 野々村笙吾の性格が女ぽくてかわいい笑!彼女はいるのかな?【体操】…
  6. 西岡良仁 西岡良仁が錦織に次ぐ選手として大注目!実は乃木坂46の大ファンだ…
  7. 西朝美 西朝美の出身高校はどこなのか?昔はいじめられたがW杯優勝に導く
  8. 石井優希 石井優希の私服画像がオシャレでかわいい!彼氏にしたいタイプは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポーツ

  1. 高瀬愛実
  2. 鈴木祐貴
  3. 鈴木武蔵
  4. 澤穂希
  5. 宇野昌磨

ダイエット

  1. 飲み会
  2. 耳
  3. Vegieグリーンスムージー
  4. image1
  5. 悠悠館こうじ酵素

最近の投稿

  1. ヨガのポーズする女性
  2. 自宅トレーニング
  3. 筋トレする女性
  4. ランニング
  5. クロック

アーカイブ

PAGE TOP