ダイエット

GACKTの筋肉美がヤバイ!1日1食の炭水化物ダイエット方法とは?

GACKT

歌手・俳優として活躍されているGACKT(ガクト)さんは41歳とは思えないほど筋肉が凄いんですよ。

 

腹筋ローラーを軽々とこなしてしまうのです。ガクトさんと年齢が2つしか違わないチュートリアルの徳井さんですら1回もできませんでした。

 

彼があのような体型を維持できているのには、想像をはるかに超えるストイックな方法で身体を作っていたからだったのです。

 

スポンサーリンク

ガクトさんの筋肉が凄い!

2014年7月発売の雑誌『GLITTER』にて41歳のガクトさんが肉体美を披露しました。ちなみに、彼は身長180cm、体重60kg、体脂肪率7%だそう。

 

見てくださいよ! 41歳とは思えないくらい鍛え抜かれた引き締まった身体をしています。

 

GACKT肉体美

 

出典:BARKS音楽ニュース

 

腹筋がくっきりと6パックに割れています!胸板も厚いですし。

 

そうそう、エクザイルのHIROさんも40代ですが、ガクトさんに劣らず筋肉が凄いですよね。

 

あわせて読みたい

 

彼らは相当努力されているんだと思います。そうでなければあのような体型を維持するのは厳しいはず。

 

では、どうやってあのような体型を維持しているのでしょうか。

 

ガクトさんのトレーニング方法

実はガクトさんはかなりストイックな方法で身体を作っていましたよ。

 

彼の自宅にトレーニング器具を備えた道場があることは有名ですが、トレーニングを怠ること無く毎日続けているんですよ。それも毎日約3時間のトレーニングに励むほど。

 

トレーニング内容は以下の通りです。

 

  • 腕立てや腹筋、懸垂などの筋トレ
  • スパーリング
  • テコンドー
  • アクロバット
  • ストレッチ

などなどです。

 

ガクトさんは、わざわざ道場の師範を呼んで指導してもらうほどの武闘好きで、2007年から始めたテコンドーにはまっています。なので、テコンドーの稽古をしているんですよ。

 

テコンドーは、普通は3年で黒帯を取得するところを僅か1年足らずで黒帯を取得したということには驚きです。

 

続いて以下の画像は、腹筋ローラーですね。ガクトさんが背筋を強くするのに良く使うんだそう。

 

ガクト腹筋ローラー

 

 

実際にやって見せるガクトは軽々にこなすので簡単なのかなと思いきや、実はそうでもなかったのですよ。

 

嵐の二宮さん、チュートリアル徳井さん、ネプチューンの潤さんらがチャレンジするも1回もできずに失敗してしまうほど見た目以上にハードなトレーニングだったのです。

 

見た目以上にハードなトレーニングだったということには意外でしたが、軽々とこなせるガクトさんが本当に凄すぎます!

 

腹筋ローラーを使ったトレーニングをしたことのない私は、ハードなトレーニングなのがにわかに信じられません(笑)。機会があれば腹筋ローラーを買って実際にやってみますかね!

 

もしかしたら、二宮さんたちのように一回もできないという散々な結果に終わるかも・・(笑)。

 

ところで、ガクトさんはトレーニングのみならず、食事面でもストイックなのですよ。

 

あわせて読みたい

 

ガクトさんの食生活

聞くところによると、ガクトさんは1日に1食しか食べないんだそう。1日の食生活を以下にまとめました。

 

  • 朝食はGACKTオリジナル野菜ジュースのみ
  • 昼は一切食べない
  • 夜ご飯にたくさん食べる

 

このような感じで、夜しか食べないという食生活を送っているんですね。彼はお肉が好きで、焼肉10人前を食べることもあるんだという。

 

1日1食とはいえ、夜にたくさん食べるのに鍛え抜かれた引き締まった身体をしているのには他に理由がありました。

 

以下はあるサイトでガクトさんが、食事について語っていた内容です。

 

食事の制限とか、炭水化物を摂らないのは基本的なこと。今ぼくは豚肉と魚は摂るけれど、牛肉は解禁してない。去年の9月から牛・豚・鳥・酒をやめて、野菜だけにしていたんだ。

何かがあるごとに解禁していくんだけどそうしないと身体だけじゃなくて、精神的に追い詰められないんだよ。

引用元:ドラゴンネスト

 

なるほど、基本的に炭水化物は摂らないようにし、野菜中心の食生活なんですね。

 

ガクトさんが大好きなお米はバンドからソロに転身した当時から食べることをやめたんですよ。なので、彼はお米を10年以上も食べていません。

 

日本人にとって主食であるお米は、当たり前のように毎日といってもいいほど食べてきたと思うんですね。なので、10年以上もお米を食べないできた彼自身が凄いです。

 

私自身だったら3日程度はお米を食べるのを我慢できても、10年以上も食べないなんて絶対に無理ですもん(笑)。

 

ちなみに、彼はお米は一切食べないんですが大好物のラーメンはというと、1年に1回のみ自分の誕生日の日にご褒美として京都の「みよし」っていうラーメン屋さんのラーメンを食べているんですね。

 

にしても、体型を維持するためとはいえ、凄い信念です。ガクトさんのように、その時の状況に応じて臨機応変に食事制限してたものを解禁したりと食生活を変えていくのも継続していくためには、大切なことなのかもしれません。

 

どちらにせよ、これくらい徹底していないとあのような体型を維持するのが難しいってことなんでしょうね。

 

原動力となるものは一体何!?

何か原動力となるものがないとここまで継続してストイックな方法で自分を追い詰めることなんてなかなか出来ないと思います。

 

原動力となるものについて彼は以下のように語っていました。

 

なんだろうな…みんなの驚く顔じゃない?

僕はね、サプライザーなんだよ…。驚かせるのが好きだし、喜ばせるのが好き。泣かせるのも好きだし。

みんなが何かを感じてくれているのを見て、喜んでいるんだ。人をドキドキさせるのが好きなんだよ。

それが全てに対する原動力なんじゃない?それは仕事でもプライベートでも同じ。

引用元:ドラゴンネスト

 

自分のためにより、誰かのためにのほうが頑張れるということでしょうか。中には自分のためにの方が長続きできるという方もいるかもしれません。

 

しかし、自分のためにと頑張ってみたものの長続きせず3日坊主になった経験があれば、ガクトさんのように人のために頑張るという風に考え方を変えてみるのも手ですよ。

 

さいごに

40代になってもガクトさんのような引き締まった体型を維持できたのは、以下の3つを守って継続してたからほかにありません。

 

  • 1日1食
  • 炭水化物は基本的に摂らない
  • 毎日トレーニングをする

 

毎日継続するのは大変ですが、そんな時は”人のために頑張る”という考え方に変えると長続きするかもしれませんよ。

 

ちなみに、実はガクトさんが美しい肉体を作り上げられた秘訣がもう一つあったのです。ガクトさんは今話題の筋トレサプリ「メタルマッスルHMB」を愛用しているということが判明したのです。

 

ガクトHMBサプリ

 

 

HMBサプリはご存知でしょうか? 名前だけは聞いたことあるという人も多いでしょう。

 

HMBを摂取することによって、筋肉増加量が2倍上も増加したという研究結果があります。もちろん筋トレせずHMBサプリを飲むだけでは筋肉付きませんが、HMBの効果はガクトさんの肉体を見れば明らかではないでしょうか。

 

メタルマッスルHMBについては以下記事で詳しく解説しておりますので、ご覧ください!

 

 

あわせて読みたい

 

 

実はこれまでご紹介しましたメタルマッスルが2018年2月で販売終了するそうです。

 

メタルマッスル

出典:create-aol.com/

 

なので、新しくHMBサプリを紹介しますね!

 

エタンのブログで紹介しているHMBはこちら!

医食同源 HMBタブレット

HMBタブレット

公式サイト:医食同源 HMBタブレット

 

HMB含有量 1,500mg 1日6粒あたり
容量 180粒/1袋
通常価格 2,678円
定期価格
  • 初回1,340円(税込)
  • 2回目以降2,410円(税込)
定期縛り なし
1回あたりの価格 80円
特徴
  • 疲労回復に良いとされるクエン酸、
    ダイエットサポート成分ビタミンB2配合
  • さっぱりとしたシトラスオレンジ風味
  • 水無しで飲めてどこでも摂取できる 

こんな人におすすめ

  • 初めて筋肉サプリを飲む方
  • コスパ重視で考えている人
  • 適度に筋肉をつけたい人
  • ダイエットしたい人
  • 美味しくHMBを手軽に食べたい人

 

多くのHMBサプリは3回、4回以上購入しないと解約できないという定期縛りがありますが、医食同源HMBタブレットであれば定期縛りがなく初回のみで解約することも可能なので安心して購入できます。気になってる方は是非試してみてください。

 

医食同源 HMBタブレットの購入はこちらから

 

HMBプロテイン18000

HMBプロテイン18000

公式サイト:HMBプロテイン18000

 

HMB含有量 1,200mg 1日分(40g)あたり
容量 600g/1袋
通常価格 6,000円(税抜)
定期価格
  • 1袋:4,800円(税抜) 20%OFF
  • 2袋:9,000円(税抜) 25%OFF
  • 3袋:12,600円(税抜) 30%OFF
定期縛り 3回以上
特徴
  • ホエイプロテインに今話題のHMBカルシウムを配合
  • 糖や脂肪の吸収を穏やかにする難消化性デキストリンも配合
  • 16種の豊富なフルーツフレーバーで美味しく飲みやすい

こんな人におすすめ

  • プロテインもHMBも両方摂取したい人
  • 普段からスポーツや筋トレをしている人
  • 効果的に肉体改造をしたい人

 

HMBプロテイン18000の購入はこちらから

 

スポンサーリンク



関連記事

  1. 優光泉 格安・激安!優光泉をお得に『最安値』で購入する方法
  2. ファンケルのカロリミット ファンケルのカロリミットを飲んでも太る?ダイエット効果と副作用も…
  3. イージースムージーグリーン 芸能人も愛用!葛の花配合「イージースムージーグリーン」の効果
  4. 手袋とマフラー 冬こそ温活で痩せる!体を温めてダイエットする5つの方法
  5. 腹筋女子 腹筋女子を目指せ!芸能界でもブームのノウハウとは?
  6. ダイエット ダイエットするならどっち?ホエイとソイプロテインの違いと特徴・効…
  7. フェイシャルエステ 即効で顔痩せ!1日5分で簡単にできる小顔ダイエット方法
  8. image1 緑が苦手な人も”赤”でキレイに!美味しくダイエットできるレッドス…

コメント

    • M. Brown
    • 2014年 12月 28日

    good explanation….i think

    • GACKT
    • 2017年 3月 22日

    GACKTくんが筋肉(?)自慢のガリガリ写真をこれみよがしに上げるのは見てて痛々しい。
    推定体重五十キロ台?そしてテコンドーがご趣味なそうで。
    自称語学に堪能と聞くが少なくとも私の解する英語に関しては底辺校の中3レベル。。

    持たざる者が自分を大きく見せる気持ちは分からなくもないけど、
    見てるこちらも鳥肌がたっちゃうので早くやめとけー

    • 匿名
    • 2017年 4月 22日

    ガクトの筋肉はバランスが悪くて全然綺麗じゃない。とくに下腹がかなり出ていてカッコ悪い。炭水化物を取らないのも筋肉の成長によくないし、トレーニングにも良くない。
    タンパク質も一食で20グラムくらいしか体に吸収できないから、食事はむしろ三食から六食にわけてとった方が良い。こんな食事だとガクトのようなショボい体にしかなれないし、こんなんだからガクトの体はショボい。

    • 匿名希望
    • 2018年 11月 26日

    夕食のみの「1日1食健康法」を実施していると「職場で昼食を食べない」ために「職務放棄とみなされ減給処分などの冷遇をうける」、「昼食をしながら仕事の打ち合わせなども行うため不愉快扱いされ職場にいられなくなる」、「昼食を抜くため職場で仲間はずれにされる」のでいっそのこと「午前はA会社、午後はB会社のダブルワーク」などの苦労が発生。
    「午前と午後でダブルワーク」のため「非正規のパートで働く時間もお昼に移動時間が必要なため労働時間が6時間から7時間しか働けない短時間勤務となり収入は普通の人より少ない苦労を抱える」。夕食のみの「1日1食健康法」を実施するためには「労働時間が短くなる」、「お昼に別の会社に移動する時間が発生する」、「午前と午後で別会社でのダブルワークのため正社員につけない」など「大変苦労します」。「健康を手に入れるには大変な試練を受けなければなりません」。厚生労働省が「いい加減な健康法」の「1日3食」を強制し「ごはんを残してはいけません」と洗脳することで「世間のみんな」から「1日1食実施者」は「非国民扱いされ大変苦労しています」。「1日3食」は権力者が「お金儲け」の目的でつくった「システム」で「健康を考えていません」から「病院」ができたのです。「1日1食」は風当りが大変強く、「厚生労働省の敵」ですが、「少数派の支持者が1人でも存在する限り」「生存できるよう」に「社会システムを作ってください」。「昼食を抜く」ことで「正午になるといやがらせを受けることをさける」ため「午前中はA会社で勤務して、午後はB会社で勤務するダブルワーク」をするため「職場を2つに分ける必要がある点」と「お昼の移動時間が余分に発生する点」で「8時間勤務が難しくなり6~7時間勤務となる点」、「正社員になれず非正規で働くしかなくなる点」、「給料が非正規で少なくなる点」を考慮してほしい。
    「日本では権力者の敷いたレールからはみ出す者がどれだけ苦労するか」、「権力者のシステムが合わない者がどれほど苦労するか」を真剣に考えてくださいね。「一様の社会づくり」が「どれだけの人を苦しめているか」も。「~をしなければならない」が「いかに迷惑か」を。「自殺大国ニッポン」を作っているのは「様々な制度、規則、法律」なのかもしれませんね。「偉そうに規則に従いましょう」と言っているが「規則」こそ「最大の悪」かもしれませんね。「東京大学名誉教授」の「加藤寛一郎先生」のあり難い著書「1日1食減量道」、読んでみてください。「1日3食」は「病気をつくるもの」。「がん」は「病ダレ」に「口が3つ」。「1日3食」が「癌の原因」、「病気の原因」と「先人」が伝えています。

    • 匿名希望
    • 2018年 11月 26日

    「1日1食健康法」を真常識にしていく「食の大革命」を「1日1食支持者」とともにはじめませんか?これまで甲田光雄医師など1日1食を提唱すると様々な弾圧迫害にあい1日1食健康法を常識にする大業を成し遂げることができませんでした。人間の習性で大多数派が少数派をつぶしてしまうため1日1食主義者がまたつぶされるのは困ります。南雲医師、石原新菜医師、石原結實医師、船瀬俊介さん、タモリさん、ビートたけしさん、西川敦さん、ガクトさん、サンプラザ中野さん、水谷豊さん、その他の支持者たちが今1日1食健康法に関心を持ち研鑽をつんでいます。そこで支持者全員で力を合わせて「1日1食健康法」を国会議員法案まで通して2度とつぶされない真常識として法律で認めさせるところまでもっていく「食の大革命」大業を成し遂げましょう。お金儲けの錬金術1日3食はもう古い。

    「夕食選択型1日1食健康法」を実行する人達に対して会社側が「1日3食でないとダメ」としてはならないという法律をつくって朝食や昼食をとらないことに対する差別、不遇対応、減給、降格、昇給停止、解雇なども行ってはならないという法律規則も併せてつくって「1日1食主義者たちの保護」を切にお願いお願い申しあげます。昼食を食べない、昼食を野菜ジュース、果物ジュース、カルシウム摂取目的の牛乳程度の人への弾圧「3食食べなければ健康に悪いということ」を法律規則で行ってはならないことで保護してください。宗教の自由と同等の個人尊厳選択の自由の法律に追記で「1日1食主義者たちの保護を節にお願いいたします」。

    • 匿名希望
    • 2018年 11月 26日

    食べない人、1日1食、1日2食、1日3食、1日4食、1日5食と多種多様な思想を持つ人が1日3食の束縛弾圧差別迫害を受けることなく各自が自由意思で選択できなおかつ衝突(ケンカ)しないですむ社会つくりをしてください。雇用差別も受けないこと。多数派の価値観を価値観の異なる少数派に押し付けない社会つくりもお願いします。結局は「DNAレベル」、「先祖の交配」、「四柱推命の命式」などの違いからくるものです。戦争とは価値感の違いですから。これはもう話し合いレベルでは解決できない神の領域ですね。

    • 匿名希望
    • 2018年 11月 26日

    日本国家はアメリカのイヌ。米国が食品を多く輸入してくる。米国の輸入食品と既存の日本国内の食品と両方を維持しながら消費活動も行っている。しかし本来米国等の外国の食品が日本に入ってきたら日本国内の食品を減らすのが正しいのに日本国内の雇用を守るため日本国内の食品を減らさない。つまり日本国内の生産量と外国の輸入量と両方を消費するので食べ過ぎとなる。国家の言う1日3食、おかわり大歓迎というのは経済雇用のためたくさん食糧をさばきたいというコジツケです。これでは健康になるはずがないので今度は病院と製薬会社をつくりあげた。結局はお金儲けのためたくさん食わされて病気になり手術や透析が大流行。四柱推命の命式が「五行周流している人」や「生命力旺盛な身旺な人」は何ともないが「偏った命式の人」や「生命力が弱すぎる極端に身弱な命式の人」が犠牲になる。小林真央さんは「生命力が弱すぎる極身弱の従殺格」のため「1日3食により殺された人」です。米国のイヌとなった国家は「1日3食を強制して人を殺す人殺し」です。昔から細菌学者でもある仁木謙三医師、小倉医師、甲田光雄医師、加藤寛一郎東大名誉教授、森下敬一医師、タモリさんなどが健康の秘訣として少食健康法の「1日1食健康法」を提唱し続けているのにもかかわらず権力者による度重なる弾圧を受け続けてきました。国家はこのような偉大な人達を保護することもせず、「1日1食健康法普及活動」もしませんでした。このようなことでよいのでしょうか。「1日3食は有害」、真剣に「1日1食健康法」に取り組んでいく時代の到来であります。健康をつかさどる食生活には経済活動や雇用といった目先の欲望は必要ありません。「食」に「お金儲け主義一遍統」の「政治・経済・雇用をもってくるなよ」。「食」にはひたすら「健康のみ」を追及するべきであって「目先のお金儲けは考えるな」。欲望は健康(食)には必要がない。真剣に健康を追及した者のみがたどりつくことができる究極の食事法が少食健康法「1日1食健康法」なのだ。「1日1食健康法」にたどりつけない者は真剣に追及できていない証拠です。
    よってアホが「1日1食健康法」を侮辱してはならない。「1日1食」は「天使の食事」、「聖者の食事」と先人が伝えています。高度な文明が発達した現代を生きる現代人は先人よりアホということです。

    • 匿名希望
    • 2018年 11月 26日

    夕食のみの1日1食健康法を実施すると昼食を食べないためみんなから昼食食べないとダメ、朝食食べないとダメと言ってくるからフルタイムの仕事につけない。昼食時間に会社にいるとつぶされるので午後の13:00から18:00(5時間勤務)程度の仕事にしかつけない。真剣に夕食のみの1日1食健康法を実施する社会つくりを1日1食主義者たち有志で行いましょう(人により朝食又は昼食のみの1日1食でもよい)。アメリカに弾圧(食民地政策)を受けていることを正すことが必要。

    「食券制度」導入で「1日何食でも個人の自由」ということに改正すればよい。「食券」は「住所と氏名記入済」で個人個人に一度配布するだけで毎日使用できるようにする。「メシ」はしょせん人間の燃料という考え方。自動車でいうとガソリン。「食費は国が一括負担」にすれば1日1食、1日2食、1日3食、1日多食、それぞれが「メシを抜いてお金をせしめている」という不公平が解消され純粋に1日に何食食べようが個人の自由となり価値観の違いで済む。トッピングや買い物や買いこむ食糧の量と種類も個人の自由とすること。夕食のみ1日1食で宴会なみの3000キロカロリーでもよいし、追加で間食にアイスクリームを食べてもよいのだ。結局権力者のつくった栄養学の枠にはめられることを嫌う人、自由を好む性格の人がこの世にいるのです。ちなみに「四柱推命」を用いて話をすると型にはめられて喜ぶのは命式が「従殺格」の人です、真面目な人は命式に「正官」をもつ人、クソがつくほど真面目なのが「正財」をもつ人です。自由を好むのは「傷官」、「食神」、「偏印」かな。1日1食、1日2食、1日3食、1日多食、は個人が自由に決められる時代にしよう。食費は国が一括で食品業界に支払うシステムに変革する。お給料から食費が消える時代が到来。まさに新時代到来です。「どれだけ食べようが自由」で「何食食べようが自由」また「不食人間は食べない」という新時代が始まる。女子栄養大学の4群点数法で4群は必須栄養素ではないため、必須栄養素の1群、2群、3群の合計9点(720キロカロリー)は摂取することを推奨するとよい。断食を行う人も認める。

    • 匿名希望
    • 2018年 11月 26日

    「夕食のみの1日1食健康法」を行っているとアホが作った常識を鵜呑みにしている「1日3食主義者」から弾圧を受けてしまう。これでは東京大学卒の加藤寛一郎先生(名誉教授)、仁木謙三先生(細菌学者兼医師)達が立ち上げた「1日1食健康法」を行えません。法律で『「1日1食健康法」(断食健康法なども含む)を支持する人達にはいかなる弾圧もあたえてはならない』と定めてください。

    メシを食わせて健康な人間を病人にする、がんにして殺すこれが「1日3食」です。一方、様々な病気を自然治癒力により治してしまうのが大人気の「1日1食健康法」です。1日1食健康法は昔から存在しており、ピタゴラス、天海、お釈迦さまなどが実践していましたし、古代エジプトでも行われていました。最近では、東京帝国大学卒で医師&細菌学者(仁木謙三先生)、東京大学名誉教授の(加藤寛一郎先生)、大阪大学卒で医師の甲田光雄先生、小倉医師などが行っていた最強の健康法です。ドイツやロシアでは断食療法が国家の医療として常識となっています。日本は遅れています。「1日1食健康法」を弾圧することをやめて新常識として憲法に定めて保護してください。

    • 匿名希望
    • 2018年 11月 26日

    「四柱推命」で「命式」が「身旺」の人はパワフルで疲れ知らずでパワーが大量にある人で運動量が大量で疲れても5時間くらい寝たらすぐ復活する人です。一方「身弱」や「極身弱の普通格」=従格の破格で極身弱」の人は元気がなく病弱で生きているのか死んでいるのかわからない人で運動量は乏しく、すぐ疲れて休養をとっても復活しない人。身旺の人は1日3食でもいいかも。身弱、極身弱の普通格の人は運動量が少ないので1日1食がよい。

    • 匿名希望
    • 2018年 11月 26日

     「1日3食」というのは1日の合計摂取カロリーが5,000キロカロリー程度取れる人が行う食事法であってプロ野球選手、オリンピック選手、フルマラソン選手などに向いているものです。1食当たり1,000キロカロリー程度は軽く取れるので朝食1,000キロカロリー、昼食1,200キロカロリー、夕食2,000~2,500キロカロリー、好きなものを冷蔵庫から取り出して食べる間食500キロカロリーで合計5,000キロカロリーとなる。「日本人に不足している栄養素」は4群点数法の1群(牛乳・チーズ計2単位160キロカロリー)と2群(豆腐1単位80キロカロリー)と3群(果物1単位80キロカロリー)です。日本人に不足している食品は通常の3食には含まれないことが多いのだが理由は通常の食事に登場するのは1群(卵)と2群(肉・魚)ばかり。日本人の多くの家庭では昔から夕食を豪勢に摂る習慣があり2,000~2,500キロカロリーは当たり前に食べていました。また、夜食や間食も食べていました。つまりこの国日本では夕食、夜食、間食こそがメインの宴会なのです。だから2,000~3,000キロカロリー程度は朝食と昼食がなくてもとれるのだ。しかしながら日本人に不足する栄養素(牛乳、チーズ、豆腐、果物)はとれない。(牛乳、チーズ、豆腐、果物)は間食でとるのがよい。旅館の朝食には(牛乳、チーズ、豆腐、果物)がでてこない。和食は素晴らしくはないのだ。素晴らし食事とはなかなかとれない(牛乳、チーズ、豆腐、果物)である。(牛乳、チーズ、豆腐、果物)が不足している病気こそが「骨そしょう症」だ。1日3食食べてメタボでも同じ食品ばかり繰り返し食べているだけで(卵、肉、魚)を過剰摂取しているだけ。つまり偏った食事で(牛乳、チーズ、豆腐、果物)が不足している「デブ」が成人病、がん。日本人のメインの夕食だけで2,000~3,000キロカロリーが摂取できてしまうことから朝食と昼食は不要です。
     権力者、食品業界がこれまで弾圧してきた「自然治癒力」を最大限発揮する「病気知らず」の最強の健康法『1日1食健康法』を新しい常識にしませんか?お金儲けの錬金術、アホの考案した「1日3食」は廃止しましょう。ドイツのフロイトが食品業界からお金をもらって宣伝してつくった「偽物の健康法」が「1日3食」ですね。昔は1日2食であった日本にアメリカの「小麦」が輸入されたことで日本国内の食糧が増えて「学校給食」がスタートして「1日2食」から「1日3食」になった。これをアメリカの「食民地政策」という。政治経済が生んだ「1日3食」は健康法ではありません。国民をダシにした「政治経済」なのです。
     「1日1食健康法」創始者たち:仁木謙三先生(東京帝国大学卒、細菌学者、医師)、加藤寛一郎先生(東京大学名誉教授、航空工学者、著書「1日1食断食減量道」)、小倉重成医師、甲田光雄医師(大阪大学卒、医者)。

    • 匿名希望
    • 2018年 11月 26日

    「1日1食健康法」を常識にしてほしい。1日3食主義者が1日1食主義者をつぶすことはやめてほしい。1日1食、1日2食、1日3食の3通りの食事法を個人個人が自由に選択できる社会に変革してほしい。1日1食、1日2食の人達の思想を否定しないで認める世の中に変革してほしい。4群点数法の必須栄養素(1,2,3群の合計9点720キロカロリー)を含む1日1食又は1日2食又は1日3食であればどれを選択するかは個人の自由とする「食の大革命」を要求する。雇用経済お金儲けのため食事回数、食料の量を増やしたいのはわかるが、雇用経済お金儲けのイヌにならずひたすら健康を追及するだけの純粋な食事スタイルの個人の自由を認める世の中に大変革を要求する。1日1食が大好きな人、1日2食が大好きな人、1日3食が大好きな人それぞれの要求を認める社会に変革してほしい。「全員を1日3食にする」という学校型教育は人間を支配したいという欲望と雇用経済お金儲け優先の人間虐待です。「全員を1日3食にする野望」はやめてください。

    • 匿名希望
    • 2018年 11月 26日

    「1日1食健康法(類似思想含む)」を行う人たちに対して「アホ」がつくった「1日3食」、「1日2食」食べないとダメとか、不健康だとか言って「1日1食への妨害行為全般」を法律等で禁止してください。1日1食健康法は千年後には常識となる神聖かつ犯すべからずの「最高の食事法」であり古代エジプトなどで当たり前に行われていた食事法に匹敵するすばらしいものです。貨幣経済の大頭により多く食品を売って雇用拡大景気好調を優先して正しい「1日1食健康法」が犯されているのは誠に遺憾である。健康を追及すると「1日1食」や「2日に1食」や「食べない」という回答にたどりつきます。東京大学などを出ていてもいまだにこの回答に到達できない人々が多いことには誠に情けない限り(お金儲けにならないから知っているけど口外しない賢人もいるでしょうが)。真剣に「1日1食健康法」に取り組んでいる人達に大変無礼なので妨害しないでください。もっと言えば1日2又は3食を1日1食健康法に改めてほしいくらいです。1日1食健康法を正々堂々と実行できる世の中にしてください。現在は1日1食はダメ、3食食べないとダメ、経済を低迷させるのかのパッシングがありやりにくい。

    • 匿名希望
    • 2018年 11月 26日

    https://matome.naver.jp/odai/2142961565513118901
    オバマ前大統領とプーチン大統領も行っている「1日1食」生活。そろそろ病気をつくるための「1日3食」を廃止しませんか?医療費の無駄使いを無くすには「1日1食」生活を日本人の常識にすることです。よろしいですか?これまでの常識は権力者が弱者等を支配するための手段にすぎません。どうしてこんなに日本人は「アホ」なのですか?それはマッカーサー元帥が日本を統治したからです。マッカーサーの仕掛けた策略にはめられたまま抜け出せていないのです。英語を勉強しても英語が話せない。勤勉なのに成果が出せない。長時間労働でも借金大国自殺大国貧困大国不幸。こららはすべてマッカーサー元帥の仕掛けた計略によるものです。来年度以降の大学入試問題で「どうしたらマッカーサー元帥の仕掛けた策略計略を消滅させることができるか」という難題を出題し続けてください。「1日1食」生活を始めるにあたり「個人個人によりばらばらな不足栄養素を補う」ための『サプリメントの開発』も併せて行ってください。次の成長戦略それは「不足栄養素を補うためのサプリメントの開発」です。これは売れますよ。世界中の人達60億人規模の市場拡大でガッポリ稼ぎましょう。トランプ大統領に負けず安倍政権も政治だけでなくビジネスにも強くなろう。「未来の食事」それは「1日1食」プラス「サプリメント」。「1日3食」は日本を滅ぼすためのアメリカの「食民地政策」だった。インドはイギリスが植民地にした。中国はアヘンで植民地にされた。日本はアメリカの食糧輸入(飽食)で食民地にされていたのだ。

    • 匿名希望
    • 2018年 11月 26日

    ※国が1日3食を強制教育するから大変迷惑をしている。「規則を守らないといけない」と主張する堅物から1日1食健康生活をしている人が弾圧されるのですよね。お釈迦さまなどが実践されていた高貴な食事健康法「1日1食主義者」を法律で守ってください。いかなる理由、規則も及ばない「神聖なる1日1食」を侮辱してはならないと憲法に明記してください。

    • 匿名
    • 2018年 12月 26日

    私にとって米(糖質)はタバコや酒と同じく嗜好品のような認識ですね
    過去に帝国陸軍で米だけを食べて脚気になり多くの死者を出しました
    米だけでは生命の維持が困難で他の食べ物から栄養を補充しないといけないのであるならば
    米を食べる理由は米を楽しむという嗜好品以外ありませんね

スポーツ

  1. 飲物
  2. 石川佳純
  3. 伊藤美誠 少女時代
  4. 西朝美
  5. 清水邦広

ダイエット

  1. バランスボール
  2. ガルシニア
  3. BBBサプリ
  4. 窓を拭く女性
  5. マルバツ

最近の投稿

  1. ヨガのポーズする女性
  2. 自宅トレーニング
  3. 筋トレする女性
  4. ランニング
  5. クロック

アーカイブ

PAGE TOP