ダイエット

リバウンドしてしまった体重を戻すためにするべき3つのこと

体重管理

ダイエットして体重を減らす事以上に難しいと言われているのが「ダイエット後の体重キープ」だと言われています。

 

それほどダイエット後のリバウンドと言うのは非常に起こりやすいと言う事なんですね。

 

今回はダイエット後のリバウンドで悩んでいる方にために、リバウンドしてしまった体重を戻す方法をご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

なぜリバウンドは起こるのか?

リバウンドと言うのは、ダイエット終了後に、体重がダイエット前、またはそれ以上に増えてしまう現象の事ですね。

 

ダイエット経験者のうちなんと60%以上がリバウンドしているとも言われています。

 

そしてダイエットとリバウンドを繰り返していると、どんどん太りやすく痩せにくい体質になってしまうと言われています。せっかく頑張って落とした体重が元に戻ったあげく、太りやすい体質になってしまうなんて悲しいですよね。

 

なぜリバウンドは起こってしまうのでしょうか?

リバウンドが起こる原因は以下の3つです。

 

①ホメオスタシスの働き

ホメオスタシスと言うのは日本語にすると「恒常性」です。人間の身体が「一定の状況を保とう」とする働きの事です。

 

急激な体重の減少や、極端な食事制限により摂取エネルギーが減少すると、身体は危機的な状態であると判断して、ホメオスタシスの働きによってエネルギー消費が抑制されるようになります。

 

ダイエットを中止して元の食生活に戻しても、身体はエネルギーを少しでも多く貯蓄しようとするので、結果的にエネルギーの消費を抑制してしまい太る事になると言うわけです。

 

②基礎代謝の低下

運動を取り入れず、摂取カロリーを抑える事ために食事制限をメインにしたダイエットをすると、タンパク質が不足し身体の筋肉量が減ってしまいます。

 

そうすると「基礎代謝」が低下してしまいます。基礎代謝とは「何もしなくても消費されるエネルギー量」の事。つまり基礎代謝が低下すると、脂肪を燃焼しにくく溜め込みやすくなってしまうと言うわけなんですね。

 

③レプチンの量と満腹感

「レプチン」とは、脳の満腹中枢を刺激する物質の事です。食事制限がメインのダイエットをするとレプチンの分泌量が減少します。そしてレプチンの分泌量が元に戻るには約1か月かかります。

 

なのでダイエット終了後、1ヶ月は食事の量を元に戻してもレプチンの量が少ないため満腹感が得られず食べる量が増えてしまい、結果的にカロリー過多となって太ってしまうと言うわけなんですね。

 

リバウンドをしないダイエットを

ダイエットの後と言うのは、身体が太りやすくなっていると言う事なんですね。しかしすべてのダイエットがリバウンドを引きこ起こすわけではありません。

 

  • 極端な食事制限をしない
  • 有酸素運動を取り入れる
  • ダイエットは長いスパンで

 

この3つを意識したダイエットであれば、リバウンドをする可能性が非常に低くなります。リバウンドしてしまった体重を元に戻すのは、単純に痩せるよりも大変です。

 

ですから、リバウンドをしないダイエットを最初から行う必要があると言うわけですね。

 

リバウンドしてしまった体重を戻す方法

と言ってもすでにリバウンドしてしまった場合、諦める必要はありません。以下の3つの事を試してみましょう。

 

①筋肉量を増やす

身体の筋肉量が増えれば上がるのが「基礎代謝」です。脂肪を燃やしやすい身体にするには、基礎代謝を上げるのが一番。それには筋肉量を増やす必要があります。

 

前回のダイエットには運動を取り入れていなかった言う方は、脂肪だけでなく筋肉量も落ちてしまっている可能性が高いので、筋トレを毎日の生活に取り入れましょう。

 

ダイエット=有酸素運動と言うイメージがありますが、筋肉量を増やすには有酸素運動ではなく筋トレが必要になってきます。

 

リバウンド後につきやすいお腹やお尻に効く筋トレを行えば、筋肉量を増やしつつ部分痩せも可能なのでオススメですよ!

 

②タンパク質を積極的に摂取

筋肉量を増やし基礎代謝を高めるには、筋肉の’元’となるタンパク質を積極的に摂取するようにしましょう。筋トレをする時にプロテインサプリを摂取するのも効果的です。

 

食生活においては、赤身の肉、鶏ササミ、大豆製品などを意識して摂るようにすると良いですよ!

 

③食事の際の咀嚼回数

ダイエット後、リバウンドした状態と言うのは満腹感を感じにくくなっています。ですから食事の際は、よく噛んで食べるようにしましょう。

 

咀嚼回数が増えれば、満腹中枢が刺激され空腹感を感じにくくなります。食事を開始してから満腹中枢が刺激されるには時間が必要です。なので「ゆっくり食べる」事も習慣づけましょう。

 

この3つを意識しながら生活すると、リバウンドしてしまった体重を再び減らす事が出来ます。

 

リバウンド後は、つい焦って極端な食事制限をしがちですが、それでは一時的に痩せてもまたリバウンドしてしまう可能性が高いので根本的な解決にはなりません。

 

リバウンドしてしまうと悲しいですし、焦燥感にもかられてしまいがちですがそんな時こそ、次は絶対にリバウンドさせない!と言う強い意志と正しいやり方によるダイエットが必要です。ぜひ試してみてくださいね!

 

スポンサーリンク



今注目のダイエットサプリ「デュアスラリア」

デュアスラリア230

「デュアスラリア」は従来のダイエットサプリメントは一味違うことで口コミを中心に人気を集めてるダイエットサプリ!

 

このサプリは、「二種類のサプリメントを昼間と夜間で飲み分ける」のです。昼と夜の私たちの身体の状態は変化しています。活発に行動する昼間は「脂肪燃焼」、身体を休める時間夜は「抑制」をサポートしてくれるので、ダブルの働きによって大きなダイエット効果が期待できるわけです。

 

1日2回の美スタイル習慣を始めてみませんか。

詳細ページへ

公式サイトへ

 

 

関連記事

  1. 希望に向かって ダイエットを始めるのに最適なタイミング!時期や季節はいつ?
  2. 皿 夜8時以降に食べると太る?食事をとる時間帯を見直して痩せる!
  3. 炭酸 炭酸水を飲むと健康やダイエットに効果的!オススメの炭酸水4選
  4. ウエスト 効果絶大!ウエストにくびれを即効で手に入れるダイエット方法
  5. メタボ 1日10分!ぽっこり下腹を即効で凹ませる簡単エクササイズ方法
  6. お腹を測る人 ダイエット後のリバウンドでお腹周りに脂肪が付く理由と落とす方法
  7. 水ト麻美 水卜麻美の独自開発ダイエット方法で痩せられるか分析してみた!
  8. フットマッサージ 酵素ドリンクは顔や足(脚)などのむくみ解消効果がある?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポーツの生中継を見るならWOWOW!

バナー原稿imp

スポーツ

  1. 猶本光
  2. 室伏広治
  3. 町田樹
  4. 清宮幸太郎
  5. 吉良知夏 かわいい

栄養士が選ぶオススメのダイエットシェイク!

バナー原稿imp

ダイエット

  1. %e8%96%ac%e3%82%92%e9%a3%b2%e3%82%80%e4%ba%ba
  2. グラスに注ぐ
  3. すっきりフルーツ青汁
  4. ビジネスマン
  5. スポーツ

スポンサーリンク

最近の投稿

  1. 葛の花減脂脂粒
  2. スリムフォー
  3. スリムフォー
  4. シボヘール
  5. シボヘール

アーカイブ

PAGE TOP