ダイエット

間違ったダイエット法に注意!低体温を招く原因と対策法

体温計を持つ白衣姿の人

ダイエットの方法って、世の中にたくさんあふれていますよね。何が自分に合うのか、試行錯誤を繰り返す・・・そんな時期が少しだけ筆者にもありました。

 

しかし、体を壊しては元も子もありません。間違ったダイエット法で、低体温を招いてしまうというのです。低体温には、実に様々なデメリットがあるんですよ。

 

今回は、低体温を招く原因と対策法、そして間違ったダイエット法との関係に迫ってみました。やみくもにダイエットをしてしまっていたあなた、気を付けないといけませんよ。

 

スポンサーリンク

低体温とは

“低体温”という温度は、医学的な定義がはっきりあるわけではありません。しかし、一般的に平熱が36度未満というのが一つの目安と言われています。皆さんはいかがですか?

 

低体温は、様々な体の不調を招きます。具体的には以下のようなものが挙げられます。

 

  • 体のむくみ、だるけ、疲れやすくなる
  • 生理痛の悪化、生理不順
  • 免疫力の低下(風邪や感染症にかかりやすくなる)

 

体の内部が冷えていると、血流が悪くなり、新陳代謝も下がります。それにより上記のような症状が出てくるんです。

 

また、健康面だけでなく美容面でも影響が出ます。基礎代謝が落ちることや、脂肪燃焼に関わる代謝酵素の働きが鈍ることにより、太りやすくなります。細胞の働きが鈍ることで、肌のハリツヤも減退します。

 

本当に良いことなしですよね(泣)でも、どうして低体温になるのでしょう。

 

間違ったダイエット法は低体温につながる

低体温は体の不調を多く招くので、とても怖いことが分かりました。その原因の多くは、意外にも日常の生活習慣にあるんです。例えば、食事・睡眠・運動・し好(喫煙)などです。

 

具体的に言いますと、食事面でのビタミン・ミネラル・たんぱく質不足、運動不足による筋肉量の低下、冷暖房の使い過ぎによる体温調節機能の低下、睡眠不足による自律神経の乱れ・・・。このようなことが、低体温につながる原因になるのです。

 

そして、低体温を招く意外な落とし穴になっているのが、無理なダイエットなんです。例えば、極端な食事制限方法や、偏食ダイエットなど。あなたはしていませんか。

 

痩せてキレイになろうとしたつもりが、体に負担を掛け、不健康&太りやすい体質になる…なんて羽目になると、本末転倒の極みですよね。

 

では、対策はどうすれば良いのでしょうか。

 

低体温の対策法

低体温にならないためには、とにかく規則正しい食事・睡眠・運動を心がけることが基本です。具体的に解説しますね。

 

健康的な生活(ダイエット)をする

ダイエットの基本は、1日の摂取カロリーをきちんと守りながら、栄養をバランス良く摂取し、適度な運動をすること。そして、十分な睡眠をとることです。

 

欠食や偏食は、体を壊すことになりかねませんし、痩せ体質づくりとはかけ離れてしまいます。また、食べ過ぎるのも血液循環が悪くなり冷えの原因になります。腹八分は大切です。

 

運動は、ストレッチからでも良いので、日課にしていきましょう。睡眠は心身の健康のためにも大切です。“規則正しい生活”を送ることを、常に念頭に置きましょう。

 

体を温める

シャワーだけで済ませがちな方は、5分でも良いので湯船に浸かるようにしましょう。

 

また、冷たい飲み物やカフェイン(利尿作用があり、水分が排出されるときに体温が下がる)は避けましょう。

 

日ごろから、とにかく体を冷やさず温めることを意識しましょう。体温が一番下がる寝起きには、お白湯を飲むと、胃腸も温まって良いですよ。

 

いかがでしたか?

 

筆者も若かりし頃は、体に負担が掛かるような偏食ダイエットを試みたこともありました。続かなかったんですけどね…(汗)

 

低体温は体にとってたくさんの不調を招く上に、太りやすくもなってしまうので、健康・美容の両面からも気を付けたいですよね。

 

皆さんも、低体温にならないように、健康的にダイエットをしてキレイになりましょう。

 

 

スポンサーリンク



今注目のダイエットサプリ「デュアスラリア」

デュアスラリア230

「デュアスラリア」は従来のダイエットサプリメントは一味違うことで口コミを中心に人気を集めてるダイエットサプリ!

 

このサプリは、「二種類のサプリメントを昼間と夜間で飲み分ける」のです。昼と夜の私たちの身体の状態は変化しています。活発に行動する昼間は「脂肪燃焼」、身体を休める時間夜は「抑制」をサポートしてくれるので、ダブルの働きによって大きなダイエット効果が期待できるわけです。

 

1日2回の美スタイル習慣を始めてみませんか。

詳細ページへ

公式サイトへ

 

 

関連記事

  1. メタボな人 あなたは大丈夫!?肥満が引き起こす体への影響や病気は?
  2. kombucha 【菌活】紅茶キノコのブーム再来!驚きの8つの効果
  3. ヨガマット 女性向け!体幹トレーニングでキレイに痩せる方法3選!
  4. ビューティーイメージ 痩せ周期を知ろう!女性ホルモンとダイエットの関係
  5. ウエストを測る女性 お腹周りを即効で絞る2つの簡単なダイエット方法!
  6. sauna-253938_1280 本当にサウナはダイエットに効果的?入る前に知っておきたい注意点
  7. 飲み会 飲み会・女子会で食べ過ぎても太るのを防ぐ3つの対処法
  8. シャワー 水を浴びるだけでダイエット効果!水シャワーの効果とやり方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポーツの生中継を見るならWOWOW!

バナー原稿imp

スポーツ

  1. 山内晶大3
  2. 松友美佐紀
  3. 町田樹
  4. 白井健三
  5. 高上智史

栄養士が選ぶオススメのダイエットシェイク!

バナー原稿imp

ダイエット

  1. みらいの酵素
  2. オシャレなカフェ
  3. ローラ
  4. 長友佑都選手 サッカー
  5. ユーグレナ・ファーム緑汁

スポンサーリンク

最近の投稿

  1. image1
  2. image1
  3. %e3%82%a2%e3%82%b5%e3%83%92sai%e9%85%b5%e7%b4%a0
  4. %e3%81%af%e3%81%a6%e3%81%aa
  5. %e3%81%8a%e8%8c%b6

アーカイブ

PAGE TOP